優秀な社員はこうして作られる!

優秀の定義とはなに?

どんな会社でも優秀な社員が欲しいのが現実です。優秀な上司は憧れますし、優秀な部下は仕事において使いやすく、好かれることでしょう。しかし、果たして「優秀」の定義とは何でしょうか?
仕事を経験している他の会社から来た社員と未経験の新人でもその会社で3年以上経験してきた社員では、必然的に他会社から来た者が優秀として扱われることがほとんどで、元々その会社にいた社員は当てる場所がない怒りに震えることもあるでしょう。おそらく、優秀とは個々の考え方であって、全体の意見とは異なるものだといえるでしょう。
では、誰から見ても優秀である社員をつくるにはどうしたらいいか、この記事ではそこにスポットを置いて考えてみましょう。

優秀な社員を作るための2つの方法

新人を、毛嫌いしてはなりません。最初は仕事がわからなくて当たり前です。だからといって、そこで教えずに自分でやってしまったり、叱るだけでは新人も2度とやりたくないという感情しか抱きません。優秀な社員になってほしければ、いざとなったら上司から自分が変わりに説教を受けるから、やらせてみるくらいの器が必要です。
頼れる相手とわかった新人はその人に迷惑をかけないために、一生懸命仕事をするでしょう。
もう一つはライバルを作ることです。優秀にしたい人物とその世代に近い人物を仕事面だけライバル関係に置くことで、必然的に向上心が生まれて、両者共に優秀になる確率が上がります。
この2つだけでも大きな効果が期待できるので、今後試してみましょう。