報・連・相の基本を叩き込もう!

仕事の基本になる報連相。

報連相とは「報告」「連絡」「相談」の頭文字を取ったものです。
職場に上司・同僚がいるチームという形態の場合、この報連相はとても重要です。お客様相手のお仕事であればなによりこの報連相ができているかどうかによって、会社の信用は大きく変わってきます。
自分が携わっている仕事でなにかあれば必ず上司に「報告」し、進捗状況や相手のことなど伝えておくべき事項はチームのみんなに「連絡」し、困ったことやわからないことがあればチームのみんなに「相談」をする…そうすることでほかの人が取り組んでいる仕事の内容や進捗状況が把握できるし、お互いに助け合ってスムーズに仕事が進みますよね。
お仕事を円滑に進めるため、そしてお客様とのやり取りをスムーズにおこない、満足度アップにつなげていくため、この報連相はしっかり身に付けておきたいものです。

このくらいなら…の気持ちが大ごとになるかも?!

「ちょっと不安だな…」少しでも不安なこと、自信がないことがあれば誰かに「相談」をしましょう。自分の勘違いがあとでチーム全体に大きな迷惑となって返ってくるかもしれません。

「自分の仕事だし、誰かに言う必要はないかな」と思うかもしれませんが、あなたが関わっているお客様とのお仕事が、チーム内の別の人とも関わるお仕事だった場合、段取りよく仕事が進まないということもあります。少しでも誰かに関わる可能性のある場合は、必ずチームみんなに「連絡」をして、情報共有しましょう。

ミスしてしまったら「怒られたくない!」という気持ちが先に出てきてしまいますよね…でも、それを黙っていて大ごとになってしまったらどうしますか?そうならないためにも「報告」というのは、とても重要です。「連絡」「相談」をきちんとおこなっていてもミスというものは起こりうるものです。もしミスをしてしまったら迷わずすぐに「報告」しましょう。きっとみんなが相談に乗ってくれます。それでいい解決方法がみつかるかもしれませんよ!

新人研修は現場で即戦力になる人材に育成するための研修であり、報・連・相など定番のビジネスマナーを学びます。